予想外の3人目の帝王切開出産で適用になった保険

NKSJひまわり生命の医療保険に加入している方の体験談です。やはり医療保険に加入していたメリットを感じているようです。

予想外の3人目の帝王切開出産で適用になった保険

Photo by Gamma Man

加入している保険

NKSJひまわり生命のフェミニーヌに加入しています。

以前に入っていた保険からの切り替えでした。すでに帝王切開をしていたので、手術経験を通知してでの加入でした。審査は通りました。

適用された保険の、私の内容

疾病入院給付金

私の場合は1日につき7,000円でした。

さらに、女性疾病入院特約がつき、入院日額に対し、プラスで1日あたり3,000円が追加になりました。

疾病で継続して2日以上入院のときに適用になるタイプでしたので、入院日数分がでました。つまり、(7,000円+3,000円)×8日=80,000円ということになります。

疾病手術給付金

私の場合は1日につき7,000円なので、手術の種類による疾病入院給付金日額の10倍として70,000円がおりました。

疾病手術給付金は、手術の内容により40倍・20倍・10倍、と設定があります。

帝王切開は、手術でも軽いとみなされているので10倍でした。

この保険について

内容に関しては、とても満足しています。予想外の出産でしたが、切り替え前のものより充実していました。

コマーシャルなどでご存知の方のいらっしゃるかもしれませんが、生存給付金付きのタイプのものなので、私が生きていれば、3年ごとに10万円(設定によります)が支払われます。貯金感覚で、少しまとまったお金が入るのも魅力です。

さらに、この保険は、保険金を受け取っても、生存給付金は変わらず支払われます。

ただし、保険期間は15年と設定されています。つまり、そのときがくれば、新しい保険に更新しなおさなければなりません。そこを念頭に置く必要があります。

これから出産を迎える方へ

まさか自分が帝王切開になるとは、夢にも思いませんでした。

ただ、帝王切開は、国からいただけるお金のほかに、自分が加入している保険が使えます。設定金額にもよりますが、万が一にそなえることは大事です。

心身ともに元気で過ごすためにも、今後の自分の保険を見直してみてはいかがでしょうか?

医療保険は検討しましたか?

みんなの生命保険

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。