帝王切開に適用される医療保険について

奥さんが帝王切開で出産された方の体験談です。この方は万が一帝王切開になったことを考慮して、事前に医療保険に加入していました。

帝王切開に適用される医療保険について

Photo by Images_of_Money

帝王切開でも医療保険は適用されます。

医療保険に加入する目的は病気や怪我で入院したり手術したりした場合に保険金が給付されるからです。つまり、病気などによる家計負担の軽減ということになりますが、加入時によく議論されるのが支払い保険料の分だけ保険給付が受けられるかということです。

しかし、保険というものはもしもの時の為のものですので、損得勘定だけでは判断できません。支払った保険料以上に保険金がもらえない場合もあることは理解した上で加入する必要があります。場合によっては、それ以上の給付を受けることがあるのが保険です。

医療保険に加入しておいて良かった

商品内容もいろいろあります。終身タイプのもの、期間が定まっているものもあります。期間が定まっている場合は全く給付を受けないこともありますが、期間中は保障を得られたので、その分の保障代ということになります。

しかし、健康に自信があっても女性の場合は利用できる機会が男性に比べると高いといえます。

その理由が出産です。出産については正常分娩であることが望ましいのですが、赤ちゃんの状態によっては帝王切開で赤ちゃんと取り出す場合もあります。

帝王切開には当然医学的な術式がありますので、医療保険の支払い対象の術式となります。私は男性ですので、出産をすることもありませんが、第一子の時は帝王切開でしたが、きちんと入院保険金と手術保険金がもらえましたので、保険に入っていて良かったと痛感したのです。

いつどうなるか分からない

どんな保険に加入するにしても必ず問題になるのが、保険料と給付金です。

保障を得るとは分かっていても損はしたくないと思うのは当然のことです。しかし、いつ病気になるか、ケガをするかというのは誰にも分かりませんので、できるだけ加入しておいたほうがいいのですが、懐具合と相談する必要があります。

しかし、若い女性の場合は出産というイベントが必ずあるはずです。万一帝王切開になることもあるので加入しておいて損はないと思いますので、是非加入することをお勧めします。

医療保険は検討しましたか?

みんなの生命保険

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。