帝王切開はものすごく安全な出産方法

経膣分娩も帝王切開もいずれにしても、生命を誕生させる大仕事のことは間違いなく、どちらの出産方法も、母子ともに命をかけて行うものです。

でも、帝王切開って、おなかを切るんだし、なんとなく、母子とも急変してしまった緊急帝王切開のイメージを抱く人が多いのではないかなと思います。

もちろん、そういうケースもありますが、ものすごく安全な出産方法なんです。

帝王切開はものすごく安全な出産方法

Photo by dvs

帝王切開を望む人も

帝王切開って、おなかを切る大手術をするんです。

なので、お腹にずっと傷が残るものなんですよね。でも、経膣分娩ではなく、帝王切開がいい!と望む女性も結構いるんです。

帝王切開は自分の意思ではできません。 逆子だったり、双子だったり、経膣分娩だと、危険が伴う場合に、医師が判断して帝王切開になったりします。

ですから、“この医師が判断して”というところがポイントになってきます。医師はわざわざ危険な判断をしません。経膣分娩のほうが危険だから帝王切開に安全に出産させるということなのです。

よく、帝王切開を敬遠される人もいますが(私の夫含む)、全然敬遠されることではなく、むしろ安全なんですよね。

私の友人も帝王切開を望んでいました。そして、逆子になり、帝王切開になり、よかったと言っていたことを思い出します。

陣痛を経験したいという話も聞きます

予定帝王切開になり、何事もなく、帝王切開で出産した人の中には、陣痛を経験してみたかったという話も聞きます。

帝王切開で出産した場合、次以降の出産はほとんどの場合、帝王切開になります。経膣分娩で生ませてくれる病院もありますけど、私でしたら、そんな経膣分娩にする勇気はありません・・。

なので、陣痛を経験することはほとんどなくなってしまいます。

確かにあの痛みはものすごく、今までで味わったことのない痛さですが、その痛みも出産する女性の勲章みたいなものなのかもしれませんね。

術後、痛いのは痛いけど・・

よく、おなかを切るので産後、切った痛みでものすごくつらいという声を聞きます。

しかし、産後って本当に色んな痛みを伴うんです。分娩の時に出血が多くて貧血気味になり、自分でしばらく起き上がれなかったり。

これはもちろん、帝王切開だけじゃなく、経膣分娩でもありうることなんです。

そのほかに、共通して痛むのが、授乳時に赤ちゃんが吸う力がすごいので、切れてしまったり、母乳トラブルで乳腺炎になってしまったりと、どちらの出産方法でも、産後はものすごく大変です。

ちなみに

帝王切開は医療保険が降ります。これは私自身、妊娠して始めてしりました。

妊婦はその他リスクがものすごく伴うので、妊娠中は医療保険に入れませんが、帝王切開で保険が降りるとなると、加入できないのも無理ないなと思います。

帝王切開は敬遠されがちですけど、安全な出産方法なんですよ。

医療保険は検討しましたか?

みんなの生命保険

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。