産後のダイエットについて

上の子の妊娠で、約5kg自分の身につきました。

予定帝王切開では、絶食や絶飲、流動食なども経験するので、「あまり食べていないから、意外と体重減ってるかも~」などと期待していましたが、考えが甘すぎました。

後で聞いたら、絶食中にずっとしている栄養点滴って、しっかりカロリーがあるのだそうです。 おいしくもないのにカロリーだけあるなんてなんだか損した気分…と言っていても仕方ないので、とにかくダイエットを決意しました。

産後のダイエットについて

Photo by oskay

骨盤ダイエット

ダイエットとは言っても、もともと食べるのが大好きな上に、授乳中はやたらとお腹が空くので、できれば食事制限はしたくない。

かといって傷が痛むので激しい運動はできない。

そこで私が選んだのは骨盤ダイエットです。

「妊娠、出産を経験すると骨盤が大きく歪んで、身体のラインが崩れる上に痩せにくい体質になるので、産後はまず骨盤ケアをすることが肝心」と聞いたからです。

まずは、「とこちゃんベルト」という骨盤周りに巻いて骨盤を締めるベルトを普段から装着し、できるときには、骨盤を整える「インスパイリング・エクササイズ」を取り入れました。

母乳ダイエット

なんといっても効果があったのは、「母乳をあげること」でした。授乳中はお腹が空くということは、その分カロリーも消費しているということです。

赤ちゃんがたくさん母乳を飲んでくれるようになってからは、食べても食べても体重が減っていくという夢のようなミラクルダイエット(?)でした。

お散歩ダイエット

下の子の妊娠時には約7kg体重が増えたのですが、「母乳ダイエット」の絶大なる効果を感じていた私には全く焦りはありませんでした。

ところが、下の子も母乳をよく飲む子だったのにも関わらず、思ったよりも体重が減らないのです。身体が慣れてしまったのか、安心しすぎて更に食べ過ぎていたのか….理由は定かではありませんが、下の子の時には「母乳ダイエット」はそれほど効果的ではありませんでした。

その代わりに効いたのが「お散歩ダイエット」でした。お買い物に行くのにも、近所の公園に出かけるのにも、ベビーカーを押しながら、上の子を連れてとにかく歩きまくりました。これは上の子との触れ合いにもなるし、一石二鳥でした。

医療保険は検討しましたか?

みんなの生命保険

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。