初めての帝王切開の体験談。感じた不安とアドバイス

私は帝王切開で出産を経験しました。逆子とわかり安全を考えての帝王切開。とは言え初の出産、手術と何から何まで初めて尽くしの私は不安でいっぱいでした。

今回は同じように不安を抱える方が少しでも役に立てる体験談とアドバイスをご紹介します。

不安とアドバイス

Photo by Son of Groucho

麻酔に関する不安

出産だけでなく、麻酔自体にもリスクがあるからと不安を抱く箇所になっています。

まず帝王切開での麻酔は、全身麻酔と下半身麻酔の2種類に分けられますが、一般的には麻酔のリスクや「初めての産声」を聞くための考慮から下半身麻酔を進める事が多いです。

その下半身麻酔では、手術中や術後の痛みを抑えるための「硬膜外麻酔」そして、帝王切開を行うための「脊椎麻酔」の2つが用意されています。

私は歯医者の部分麻酔しか経験ありませんでしたが、初めは触られているのに痛みはないのに慣れず、反射的に「痛い」と勘違いしてしまう不思議な感じでした。

出産と術後に関する不安

手術は麻酔が効いているので、痛みもなく終わります。ですがその終わった後に個人差が出てきます。

私の場合は、術後3日間は安静、4日目からトイレなどの歩行や食事、5日目からシャワーを使用しました。

看護婦さんに聞くと、後陣痛の有無などで翌日には授乳をするママさんもいれば、私のように数日立ってからヨロヨロと歩き出せるママさんもいるそうです。

傷口なので当然痛いのが正直な話ですが、薬も貰えますし体力が落ち着けば「痛くて歩けない」とまでは行かず我慢できる程度でした。

出産後の身体に関する不安

女性だとその傷口も気になるかと思いますが、病院で相談したらクリームを処方してくれたり また骨盤ケアなど、外から内から両方のアドバイスをしてもらえました。

デリケートな内容ですが、次の出産や女性の身体として恥ずかしがらずに相談することが 大切になってきます。

保険金の確認

出産一時金は妊娠中から耳にされご存知の方も多いかと思いますが、帝王切開の場合は健康保険の高額医療に該当します。また別に加入している保険の給付にも該当する可能性があるので、帝王切開での出産の場合は、お手元の保険証書を確認することをおすすめします。

身体にメスを入れる出産は本当に不安でいっぱいです。まずはその不安を解消するべく心配事や悩み事はきちんと調べたり相談して解決するのが、大事な一歩となってきます。

医療保険は検討しましたか?

みんなの生命保険

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。