帝王切開の際の医療費について

帝王切開の場合は健康保険が適用されるというのをご存知でしょうか?

帝王切開は手術代がかかって入院期間が長いから、費用が大変!と勘違いされているかたも多いようですね。

帝王切開の際の医療費について

Photo by Alan Cleaver

帝王切開は高額療養費という制度が利用可能

出産の際、経膣分娩は健康保険が適用にならないため自費になります。

ところが、帝王切開の場合は帝王切開は医療行為とみなされ、その医療費は健康保険が適用になります。

医療費は、通常は3割負担で支払いますが、高額になった場合に「高額療養費」という制度があります。健康保険の保険者(健保組合、国民健康保険)に申請すると、限度額以上は支払わなくて良い制度です。

限度額は収入によって決まります。上位所得者、一般、低所得者の3区分に分かれており、一般の場合は、帝王切開の場合は8万円~9万円程度になります。詳細は保険者のHP等に書いてある場合が多いので、確認しておくと良いでしょう。

健康保険適用外のもの

以下については健康保険適応外ですので、プラスして支払いが必要です。

  • 分娩介助料
  • 産科医療保障制度(3万円)
  • 差額ベッド代
  • 新生児管理保育料
  • 入院中の食事代

差額ベッド代、新生児管理保育料、食事代については、帝王切開の方が普通分娩よりも入院日数長いため、高額になります。ただし、これらは病院によって設定されている金額が異なるので確認が必要です。

健康保険からは出産育児一時金(42万円)が支払われるため、限度額の区分が一般の場合は、通常の病院では、これらと限度額分を合わせてとんとんくらいになると思います。

予定帝王切開の場合

医療費が高額になることが分かっていますので、先に保険者に書類を提出して申請すると、健康保険適用額認定証という医療証が送られてきます。健保にもよりますが、だいたい1週間程度で送付されるはずです。

この認定証に区分、限度額が記載されています。帝王切開で入院する日に、認定証をあらかじめ、病院の窓口に提出しておくと、退院時の会計の際に、病院の方で限度額で計算して請求してくれます。

緊急の帝王切開の場合

病院に3割負担で支払いをした後、保険者に書類と領収書のコピーを送って申請すると、上記の健康保険適用分で限度額分を超えた金額が戻ってきます。

※掲載している内容は2013年11月15日時点のものです。

医療保険は検討しましたか?

みんなの生命保険

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。