帝王切開の出産費用はおいくら?

初産の方は特に出産時の費用が気になるのではないでしょうか?また、初産でなくとも帝王切開が未経験の方は、いったいどれぐらいの費用がかかるのかを事前に把握しておきたいところです。

出産にかかる費用はいくら?

Photo by epSos.de

帝王切開と経膣分娩で費用はそれほどかわらない

「お産は病気ではない」という考え方から自然分娩では健康保険が適用されません。分娩費用などは自費となります。

ところが、帝王切開は外科手術なので保険が適用されます。経膣分娩と同様に出産一時金も支給されます。なので、手術費や入院が長い分の出産費用は経膣分娩よりも多くなりますが、結局自費で支払う額は変わらないか、少し多いぐらいというのが一般的です。

ただし、個室の部屋代、食事代などの保険適用外の部分で大きく変わってしまうところなので、事前に病院に確認しましょう。

自己負担分に高額医療費が適用される

健康保険に加入している一般の方の場合、入院費総額のうち医療費総額の7割は保険者が支払うので、自費は3割となります。

さらにその3割負担分は、高額医療費を適用させることで自己負担超過分を高額医療費として支給してもらえるのです。

これに加えて、民間の医療保険に加入している方は保険会社からも支給される可能性があります。結果、黒字になったということも珍しくありません。

限度額適用認定は事前に申請しよう

予定帝王切開となっていて、高額医療費の支給を受けることが明らかなのであれば、事前に限度額適用認定を受けておきましょう。

申請書を入手して提出しておけば、病院で支払う際に高度医療費が適用されているので、実際に現金で用意する額が少なくて済みます。

もちろん、とりあえずは3割負担分を病院に支払って、事後申請も可能です。忘れずに申請しておきましょう。

保険外負担が足かせになる場合も

「セレブ出産」なんて言葉がありますが、入院先で贅沢した場合はこの限りでは当然費用がかさみますので、ご注意ください。

また、病院によっては「分娩介助料」が異常に高く設定されていて、自費で50万支払うことになった方もいらっしゃいます。いずれにしても、必ず事前に病院で確認しましょう。

医療保険は検討しましたか?

みんなの生命保険

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。