希望の麻酔の方法

自然分娩でも帝王切開でも、出産は出産です。 新しい生命が生まれてくる神秘の瞬間には変わりありません。

現在、日本では20%の妊婦さんが帝王切開で出産しています。 帝王切開は手術のひとつであるため、おなかを切り開く際に麻酔を使います。 帝王切開の麻酔の方法にはいくつかの方法があります。

希望の麻酔の方法

Photo by ORBIS UK

局部麻酔と全身麻酔

麻酔には大きく分けて局部麻酔と全身麻酔の2種類があります。 胎児に異常があり、緊急での帝王切開の場合は一般的に全身麻酔となるようです。

逆子などで自然分娩ができない場合は予定の帝王切開(局部麻酔)での分娩となります。 予定なので希望する麻酔方法でできれば帝王切開したいと思われる方も多いのではないでしょうか。 局部麻酔には腰椎麻酔と硬膜外麻酔が多く行われているようです。

  • 腰椎麻酔(ようついますい)は背骨と背骨の間から注射針でクモ膜下腔に麻酔薬を注入、脊髄からでる神経を一時的にしびれさせる麻酔です。
  • 硬膜外麻酔は(こうまくがいますい)は脊椎の硬膜外腔にカテーテルを挿入、麻酔薬を注入して神経を一時的にしびれさせる麻酔です。

いずれも後遺症の心配はないですし、下半身に麻酔をかけた状態なので意識があり、産声も聞けますし、対面もすることができます。 しかし、腰椎麻酔は持続時間が短いので、長引く場合は他の麻酔方法との併用となります。 それとは硬膜外麻酔は持続時間が長いので長時間の手術で利用ができます。

ただ、患者が麻酔方法を選べるかは病院やお医者さん次第になるようです。 できないところもあるようですので、もし希望の麻酔方法があるのでしたら、 早めに病院に確認をすることをオススメします。

お医者さんから詳しい話を聞きましょう

自分が希望する麻酔方法が何かデメリットもあるかもしれませんし、 診察してあなたの体をずっと見てきているお医者さんだからこそ分かることがあるので オススメする麻酔方法の理由を聞いてみてくださいね。

その上で、一番よい麻酔方法を選択して赤ちゃんとの対面に挑んでください。

医療保険は検討しましたか?

みんなの生命保険

帝王切開で出産した場合、医療保険の給付金支払い対象になることはご存知でしょうか?

もしまだ未検討であれば、女性向けの医療保険について無料で相談できる情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

出産はライフステージが大きく変わる大事な機会です。女性向け医療保険のプロに相談することで解決することがあるかもしれません。